雑記。主にプラモの製作記になればいいな。

コトブキニッパー

もう2ヶ月前になりますか、東京ホビーショーに行ってきました。
本当は行ったときに記事書けよって感じですが、面倒だったしデジカメ忘れて写真は全部iPhoneだし、というか俺が書く必要性薄いし面倒だし。

で、一ヶ月更新しないで広告が出張ってきたので、ネタも無いし今更書きます。
コトブキニッパーについて凄く軽いレビューめいた物。
正直もう誰かが仔細に書いてるだろうから必要性薄いんですが、ネタに困ったので・・・

BygkiMECQAAgmoa.jpg

これ。
会場にて抽選販売されたコトブキニッパー
何とない興味から抽選券を貰って、運良く入手しました。
関係無いと思うけど抽選券は一番最初に貰いました。いっちばーん
この写真は会場で撮りました。


で、これがどういう物かと言うと

R0013257.jpg

最近(というほどでも無いか)話題のアルティメットニッパーで有名なゴッドハンドとコトブキヤの提携で生まれた商品です。
わざわざ説明する必要あるのか疑問ですが、新潟県は燕三条にあるメーカーで・・・面倒だからググって下さい。

ゴッドハンドはアルティメットニッパーで有名ですが、他にも刃が無いニッパーとか金属パーツ用ニッパー(商品名忘れた)とか、神ヤスというヤスリとかも売ってます。
個人的に刃が無いニッパーと神ヤスが欲しいんですが財布の事情で買えてません。
そして金の用意が出来たときに限って在庫が無い。


ByhxD6RCYAEqOUg.jpg

青い持ち手のニッパーが件のアルティメットニッパー
職人手製の品なので需要に対して供給が追いついてない品です。
究極と言うだけあって切れ味は凄いです。というか切った跡が綺麗です。
あと、切った時の感触(とでも言えば良いか)も従来のニッパーと比べて変わってます。
この辺はいつだったかのモデルグラフィックスの特集記事とか、ネットでも記事がありますし、その辺を読んでください。

自分は運良く入手出来ました。友人にも教えて勧めましたが、以来お目かけしてません。
いや、正確にはホビーショーでも売ってたので買っていっても良かったんですが持ち合わせが無くて・・・
しかも次の日はスーフェスだったので。因みにスーフェスではACV.Iを4つと実写版イングラムを買って罪を増やしました。


画像で下敷きにしているチラシはホビーショーの時に貰いました。
向かって右の青いツインテールが通称「ニパ子」の「セリーヌ・P・ニッパーヌ」というニッパー擬人化広報キャラクターです。
詳しくはこのリンク先で。
惑星コウグからやってきたお姫様という設定が一応あります。宇宙人・・・
お姫様なのに従者の一人も伴わずに何万光年先からやってくる辺り、かなりの破天荒?
いやどうでも良いかそんな野暮な話・・・
年齢は地球人換算で14か15歳位だとか。不死人もびっくりの長寿だぜ。
(ぶっちゃけ普通に新潟出身とかそういうのでは・・・流石に奇人過ぎるか。外見と経歴がミスマッチだと危ない人にしか思えないしな・・・宇宙人で良いんだ)
頭の白い部分が丁度ニッパーの刃で、ツインテールが持ち手になってる辺り上手いデザインだと思います。
~のじゃ系語尾の設定で、個人的には結構ツボ。

で、左の緑が「寿 武希子」で「ことぶき ぶきこ」と読むキャラクター。
はっきり言って目立ってない(まぁまだ発売してないし・・・)
生まれ育ちが立川の高校二年生という設定。こちらは普通に人間です。
ニパ子ほどぶっ飛んだ設定も何も無いというか未だ良く分からないので書くこと無いです。


R0013265.jpg

R0013262.jpg

話をニッパーに戻すと、両ニッパー共に片刃という点が特徴です。
大体従来品は両刃(ハサミみたいなもんだと思ってくれれば)になってます。画像では一番上に載せた黒い柄のタミヤ薄刃ニッパーみたいな物です。
これはホビーショーで担当者(と言えば良いのか?)の方が仰っていた様な気がしますが(超うろ覚え)、謂わば包丁とまな板みたいな感じです。
というかその辺は製品のページに書いてるはずだから探して読んでください。

あと、刃が凄く薄いので使い方によっては折れるそうです。余り太い物を切るのには適してませんね。
あくまでゲートカットに便利という物です。
特化ステータスのキャラみたいな感じですね。純魔とか脳筋とかそんなん。

で、コトブキニッパーは何かと言えば、そんな尖った性能のアルティメットニッパーを少しマイルドにした品と言えば良いか。
アルティメットニッパーがZガンダムならコトブキニッパーはリ・ガズィみたいな。
チラシにも書いてますが、耐久性の向上、バランス重視が特徴ですね。

でも基本はアルティメットニッパーと変わらないので、余り太い物を切ることには適しません。


R0013261.jpg

刃の薄さ比較。
って、刃があるのは逆側なんすよ・・・今気づいたよ・・・
でもほら、何となく分かるでしょ?
写真が暗くて良く分からん?知るか!カメラに言え!


R0013268.jpg

コトブキニッパーの方が刃の辺りが大きめです。あ、指紋ついてる・・・
ホビーショーにてコトブキニッパーとアルティメットニッパーの違いについて尋ねた所、結構仔細に御教授頂いたんですが
うろ覚えなので何とも・・・
その方はトミーテック(だったと思う)のトークショーにも出てたような。


R0013260.jpg

超絶判りにくい切り跡サンプル
(確か)上がコトブキニッパーで下がアルティメット。逆だったかも。
そこは重要だから覚えておけよ!って感じですが、最近忘却力が高くなってきましてね・・・
正直、素人的には両者の切り跡にそれほど大きな差は感じません。
あと、多分自分の使い方が微妙なせいもあるかと。

ただ、切った際の感覚はタミヤ薄刃ニッパーに近い感じがします。
でもその辺って凄く主観的というか体感的な物なので「何となくそんな感じ」ぐらいです。


R0013266.jpg


もう終わりかよ!って思ったでしょ?もう書くことあんまり無いので・・・

物は良いです。
ニッパーを新調しようという際には選択肢に入れて良いと思います。
その辺は自身の工具事情や使用目的、後は好奇心とか物欲と相談しましょう。
どれほど耐久性があるかというのは、私には良く分かりません。
ですが個人的には、友人に勧めるならコトブキニッパーかなぁと思います。
アルティメットニッパーと比べて殆ど遜色なく、幾分耐久性があるとなれば、従来品に馴れた人にはこちらの方が使いやすいかも?
「これ買っておけば大丈夫」くらいな感じで勧められそうな感じ。

ただ、アルティメットニッパーを既に持ってる人には正直それほど必要無いだろうし、両者が同時に店頭にあればアルティメット買うだろうし、その辺が正直微妙。
コトブキニッパーがアルティメットより生産しやすくて供給が多ければアルティメットの代替品として有り得ますが、私はメーカーの人間でも何でも無ければ工具分野などに精通した人間でも無いので判然としません。

ざっくりと素人目で書きましたので相当いい加減です。その辺はどうか御寛容を願います。




最近、どうもプラモを組もうにも、中々思うほど手が動かず。集中できないというか・・・
あと大分寒くなってきたせいもあると思います。手が冷えて作業が捗らない。
暖房器具はそれほど十分とは言えず。石油ストーブ欲しいけど確か賃貸条件で駄目だったはず。
生まれも育ちも本州最北の方ですが、寒さには弱いです。暑さにも弱いです。
でも夏には結構なペースで組めていたので、モチベーションとかの問題もあるのかも知れません。
一年の終わりを前にして息切れした感じもあります。
そんな感じで中々思うように行かず、焦れったい日々を過ごしています。
近況はそんなところです。

スポンサーサイト
プロフィール

EBIS

Author:EBIS
頭の悪い奴です。

twitter @EBSW9784

検索フォーム